モノグラムのティーナプキン

ビギナークラス卒業生の皆様と訪れたSt Regis Hotelのアフタヌーンティー、伝統的なアフタヌーンティーを愉しみたい方にはオススメのホテルです。 時代とともにほとんどのホテルがモダンカジュアルになりつつある今日この頃、こちらのホテルは伝統的なしつらえを大切にしており、その中でもいちばん驚いたのはこちらのティーナプキン。 ホテルの頭文字、Rのモノグラム。輝きを抑えた金色の刺繍がさらに優雅さを感じさせます。私もホテルアフタヌーンティーはそこそこ数をこなしていますが、本物のティーナプキンが出てきたのはアメリカでは初めての体験で、心が躍りました!!茶器はアメリカ製の Pickard China 。 ほとんどのホテルではティーポットが各自に置かれ、自分自身で紅茶を注ぎ足すのですが、こちらのホテルは頃合いを見計らって一杯一杯サーバーの方が淹れて下さります。 日本人シェフが考えたティーフーズとの説明をマネージャーから受けて、またまた心が躍った私達。枝豆を使った色鮮やかなティーサンドウィッチが特に印象的でした。 豪華なシャンデリアと上質なアンティーク家具に囲まれたインテリア。1926年の創業当時から大統領を始めとするワシントンの政界エリートに愛されたホテル、そんな当時に思いをはせながら頂く紅茶はまた格別です。 母の日などのイベント時には、ハープやピアノの生演奏もあります。奥にあるレストランDecanterもオススメですよ。 さて、大変お待たせしておりました9月からのコースレッスンのスケジュールが出ました。ビギナークラス仮予約者の方々には、ご連絡を頂いた方から順番に個別メールでご予約の再確認をしております。...