アイスティーレッスン

アイスティーが美味しい季節の到来です。アメリカで産まれたと思われがちなこのアイスティーですが、厳密にはイギリスで早くから飲まれていた事を紅茶を勉強された方ならご存知の方も多いかと思います。 こちらの本はアイスティーのレシピが初めて掲載された料理本、”Housekeeping Old Virginia” 。幸運にも義理祖母が持っていた為、譲って頂いたこのアンティーク本。正しいアイスティーの作り方の他にも色々な南部料理が掲載されています。DCメトロポリタンに住んでいると、どうしてもヴァージニアが南部だとは思えにくいのですが、ヴァージニアもしっかりとした南部の州の一つですね。 こちらはアイスティーをモチーフにしたビンテージのカード、女の子がハンモックでアイスティーを飲む姿が何とも可愛らしく、アンティークのお店で一目惚れしたカードです。 アイスティーを飲む際にも、もちろんきちんとしたティーマナーがあります。食事毎にスイートティーを頂くアメリカ南部の州の女性によって確立されたマナーですが、テーブルクロスを汚さないようにと理にかなったマナーです。テーブルセッティングは、ファイヤーキングのプリムローズシリーズ。テーブルクロスはノッティンガムレースです。 クリームダウンしたアイスティーとそうでないアイスティーの味見をして頂いた後、実習では2種類のセパレートティーを作りました。 ランチタイムは、ハワイアンセパレートティーに合わせてロコモコ丼とカレー風味のコンソメスープ。デザートはこの季節に何度も食べたいベリータルトです。 本物のアイスティーやアイスミルクティーの味に慣れてしまうと、自動販売機で買う缶やペットボトルの紅茶はどうしても飲めなくなってしまいますね。お家で作るとお砂糖の量の調整も自分でできますし、やはり防腐剤が入っていないというのがポイントかと。お家カフェ、皆さんもぜひご家族やお友達の方と楽しんで下さいね!...

クイーンメアリーティーパーティー

クイーンメアリーティーパーティーのワークショップでは、英国人からこよなく愛されたブルー&ホワイトの食器を使用し、フルイングリッシュブレックファストの調理実習を皆様と楽しみました。 ブルー&ホワイトの食器は英国人に限らず、日本でも米国でも大変人気ですね。中国の悲恋物語がモチーフのブルーウィローなど、コレクターの方も多いかとは思います。私はあまりオリエンタル感の強い食器は苦手なので、我が家のブルー&ホワイト食器は、イギリスバーレイ社のもの。柔らかいブルーのアジアティックフェザンツと、鮮やかな薔薇が沢山描かれたヴィクトリアンチンツを6セットずつ合計12セットで揃えています。今回は、両方ミックスマッチでお愉しみ頂きました。 こちらのガラス製のジャグに被せてあるものは、ヴィクトリア時代に生まれたジャグカバーと言うものです。ジュースやミルクの入ったジャグにカバーとして被せることによって、ティータイムが始まるまでの間のゴミや虫除けになる、賢くそしてエレガントなティーアイテム。このレースは一針一針手編みで編まれており、周りの小さなビーズが重しとなっていることから、ジャグから滑り落ちることはありません。今からの季節、テラスやガーデンでティータイムや朝食をとる事も多い事から、我が家では必需品の一つです。 テーブルセッティングは正統派に白のテーブルクロスにレースを重ね、カトラリーはアンティークシルバーのナイフとフォークをセット。カリカリトーストはもちろんトーストラックへ。 簡単にブレックファストティーの歴史を紹介した後、ブレックファストティーのテーブルセッティングの決まり事を勉強し、調理実習に入りました。調理実習は2班に分かれて、ベーコン、ソーセージ、スクランブルエッグ・ベイクドマッシュルーム・ベイクドトマト、ベイクドビーンズを作りました。ベーコンを焼いた時にでるドロッピングと呼ばれる油とおこげを使って、ソーセージやトマトを焼くのが英国流。フルイングリッシュブレックファストを英国で頂いた事のある方はご存知だと思いますが、そのボリュームに食べる前からお腹がいっぱいになってしまう事も! デザートは、キャロットケーキのカップケーキにクリームチーズのアイシングを添えて。 ウィークデーの朝食は、やはり時間との戦いになってしまう為、トーストと紅茶やシリアルなどのコンチネンタルブレックファストの方がほとんどだと思いますが、週末は家族でゆったりとブランチも兼ねて、たっぷりのミルクティーとこのようなブレックファストティーも優雅でオススメです。...