ビギナーコース セッション1&2

6回のコースレッスン、3月上旬より始まっています。これまでの卒業生アンケートで「テーブルセッティングやリネン、洋食器、銀器の合わせ方等についてより詳しく学びたい」とのご要望が多かった為、今期のグループからは通常のレッスン内容に、テーブルセッティングの決まり事や上手な洋食器の合わせ方等も含んだ内容に変更しました。 セッション1は、紅茶の歴史や文化、紅茶が出来上がるまでの過程や茶葉についての講義、質疑応答の後に世界三大紅茶の試飲です。アンティークとヴィンテージのミニチュアティーカップでそれぞれの紅茶の味比べ。 待ちきれない春を望み、色鮮やかなテーブルセッティングで生徒の皆様をお迎えしました。ローラアシュレイのプレースマット、茶器はポーランドのWavel社。カトラリーは、Arthur Priceのティーナイフとペイストリーフォーク、ナプキンはホワイトリネンにレースのナプキンカフスを被せました。 ランチは、ホットロールサンドとルッコラ、ビーツ、オレンジのサラダに蜂蜜とバルサミコ酢の手作りドレッシングを添えて。デザートはバタフライカップケーキとスコーン。スコーンの正しい頂き方や、ティーカップの持ち方などを説明しながらの和やかなティータイムです。 セッション2は、ティータイムを彩るアイテム等をアンティーク品を交えながら説明し、紅茶のゴールデンルールズのデモンストレーションの後は、生徒の皆様各自ポットを使って美味しい紅茶の淹れ方実習をして頂きました。 3種類の試飲の後で皆さんが選んだ紅茶は、ケニアのロイヤルゴールデンサファリ。当社の商品の中でも非常に人気のある紅茶の一つです。抽出用のガラスポットとサービング用のチャイナポットを使い、茶葉のジャンピングを眺めながら待つ時間は、とてもゆったりと流れ、日常の喧騒をしばし忘れ、何となく自分と向かえるような気持ちになれますね。 それぞれの生徒の皆様のティーポットに温かい紅茶が注がれた後は、ランチタイム。クロワッサンを使ったチキンのサンドイッチとりんごとベイビースピニッチのサラダにアップルサイダーをベースとしたドレッシングを合わせました。デザートは、ケニアの紅茶に合うチョコレートパイ。 テーブルセッティングは、バッテンバーグレースのプレースマットにシルバーのアンティークカトラリーを合わせ、茶器はノリタケのスナックセット。スナックセットの絵柄に合わせ、フラワーアレンジメントも薔薇を使い、ヨーロッパ風にギュッと積めたアレンジメントを。この日はプレースマットをつかったフォーマルなセッティングの仕方についても紹介させて頂きました。 プレースマットはレースだったり、厚手のコットン生地やコルクボードの物など色々と種類がありますが、テーブルクロスよりも手入れが簡単な為、幾つかの種類を揃えておくと、カジュアルにもフォーマルにも使用できて便利です。 ここ3ヶ月間体調が優れず、個人でティーパーティーのお申し込みを頂いた皆様には、お断りさせて頂く形になり大変申し訳ありませんでした。4月からはティーワークショップも開始し、4月26日(土)にメリーランドで行われるMontpelier Festival of Herbs, Teas and the Artsにも参加する予定ですので、お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄り下さい。...