アフタヌーンティー@ Mandarin Oriental Washington D.C.

ダウンタウンDCのマンダリンオリエンタルで義理の母の誕生日を祝う為、バースデーアフタヌーンティーを家族で楽しんできました。 ロビーに大きく飾られたコンテンポラリーなフラワーアレンジメントの後ろには、マンダリンオリエンタルのトレードマーク「扇」にちなんで、扇形に広がる Empress Lounge 。 天井から床までの大きな窓からは日本庭園風な中庭が見え、気候の良いときにはこちらでもお茶ができます。中国骨董家具を中心に、モダンに配置されたインテリアの中、ゴールドのチャイナドレスを着用したサーバーの女性達がお茶を運んでいる姿が、さらにエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。 予約をしていた私達は、ローテーブルとソファの席へ案内されました。すでにセッティングされていた茶器はシンプルな白地、カトラリーもシンプルでモダンなドイツ製 Hepp Exclusiv 。 お茶は、紅茶、白茶、緑茶、ウーロン茶、ハーブ茶の中から選ぶ事ができ、サンドイッチとペイストリーなどはバフェット形式でした。 主人はダージリン、義母はアッサム、義父はパールの形に丸められたジャズミンウーロン、義弟は「今日はお茶の気分ではない。」と言う事でフレンチプレスのコーヒー。私は珍しくフレーバードティーのマンダリンローズペタルをチョイス。 お茶はそれぞれ鉄瓶ポットで運ばれ、ここからもアジアンテイストが感じられます。マンダリンローズペタル、メニューの記述の通り、バラの香りに溢れライチとチョコレートの後味のする紅茶で、鉄瓶ポットの中には大きなバラのツボミが幾つも入っていました。フレーバードティー、1杯目は美味しいなあと思っていつも楽しむのですが、2杯目からはなぜかいつもくどく感じてしまいます。この日はちょうど「アッサムがフルボディーすぎる。」と言った義母と、「2杯目からのフレーバードティーがくどい。」と思った私とで意気投合し、お互いで取替えっこしました。 バフェットテーブルに並べられたサンドイッチには、花びらが散らされており、目で見て美しい食べて美味しいアート系。スモークドサーモン、チキン、エッグの3種類。その隣には、イチゴやマシュマロのチョコレートフォンデュ。そして、その他にもティーケーキ、プチシュークリーム、数種類のクッキー、ミニカップケーキなど。 スコーンはホテルらしく柔らかいしっとり系のスコーン。クロテッドクリーム、レモンカード、ストロベリーとラズベリーのジャムが添えられていました。 さらにラウンジ中央のコンソールテーブルには、これまたアート系のプチペイストリーが何種類も。ティラミス、チーズケーキ、チョコレートケーキ、ベリーのレモンタルト、ブラウニーからはじまり、コーヒープディング、グリーンティープディング、ヨーグルトムース。グリーンティープティングには、ホワイトチョコレートを扇形にかたどったマンダリンオリエンタルのトレードマークが。憎い演出です。 お味はというと、グリーンティープディングとレモンタルト以外は全体的に少し甘いかなと感じました。 和やかにお茶を楽しみながら皆で義母宛のバースデーカードを開けて読んでいると、ラウンジのマネージャーがバースデーケーキをさりげなく持ってきてくれました。ガラスのお皿にはチョコレートで “Happy Birthday” の文字が。こういった気の利いた演出に素直に喜ぶ義母、幾つになっても可愛らしい女性だなと思います。 さて、今回の星は4つ。お茶とペイストリーの種類が豊富だったのは2重丸。サービスもとても良かったのでここも2重丸。唯一の難点は、落ち着いて優雅にアフタヌーンティーができずらいバフェットスタイルだったというところでしょうか。ちょうど土曜日だったこともあり、ウェディングシャワー、ベイビーシャワーのグループが沢山きており満席御礼でした。その為、席をたってサンドイッチやペイストリーを取りにいく人と、お茶を運ぶサーバーの人がひっきりなしにテーブルの間を行ったり来たり。義母は、わりとにぎやかな雰囲気が好きなのでここを選んだのですが、落ち着いて優雅にアフタヌーンティーを楽しみたいと思っている人には不向きかなと思います。事実、私達の後ろに座っていたご婦人たちは、「落ち着かないので、別のホテルでアフタヌーンティーをします。」とマネージャーに苦情を言って颯爽と立ち去っていかれました。。。  毎週末何かとお茶に関するイベントがあり、最近なかなか義理家族と過ごせていなかったのですが、久しぶりに皆とゆっくりとした午後を過ごすことができました。...

ハロウィーンティーパーティー

10月のハロウィーンティーパーティー、テーブルコーディネートはハロウィーンカラーの基本、オレンジと黒を主体に濃い紫をアクセントとしてチョイス。それに合わせて私も蜘蛛の魔女に仮装し、全身紫でした。ちなみに主人はおでこだけゾンビ。。。手抜きです。。。 ここでテーブルコーディネートについて、私がいつも気をつけている点を紹介したいと思います。 特にハロウィーンは、巷のデパートなどで売っているデコレーショングッズやリネンをそのまま買って使用してしまうと、アニメ感たっぷりのダイニングルームが出来上がってしまいます。なぜなら、ハロウィーンは子供が主役の行事なので、この時期に出てくるリネン類の殆どがコットン素材プラス可愛らしいお化けやカボチャ等がプリントされている物が多いからです。もちろんそのようにデコレーションしたい場合はそのままで良いでしょう。ただ私のように、例えテーマがハロウィーンだとしても、少しだけエレガント感を入れたシックなイメージにしたい場合は、レースまたは透ける素材のリネン2重使いや、リネンの生地をサテンやシルクなどの光沢が入ったものにすると、子供っぽくなりすぎない演出が可能になります。 我が家の今年のハロウィーンダイニングテーブルは、オレンジのダマスク柄のテーブルクロスに蜘蛛の巣模様のレースのクロスを重ねました。艶のあるダマスク柄は、フォーマルなディナーテーブルでは必ず使用されるテーブルクロスですので高級感がでますね。その上に蜘蛛の巣模様のレースのクロスをかける事で、リネンの光沢をやんわりと押さえつつ、レースでエレガント感を少しだけだし、蜘蛛の巣模様でハロウィーンの遊び心も感じられる、といった感じです。レースの間から見え隠れするオレンジは、落ち着いた雰囲気を出すためにあえてダークオレンジを選択しました。またダークオレンジだと11月のサンクスギビングのテーブルコーディネートにも再使用可能ですね。これがいわゆるハロウィーンカラーの明るいオレンジだと、使える時期が10月だけに限られてしまいます。バーゲンショッパーの私としては、こういった所で地道に節約をします(笑)。 フラワーアレンジメントも、ハロウィーンを意識してスパイダーマムと呼ばれる洋菊やヒマワリを使い、その上に小さな虫やヘビを散らしたり、ガイコツをいれてみたり、さらにリボンで作った蝶蝶も! メニューは、パンプキンスープ、クランベリーとブルーチーズのサラダ、お豆腐入り煮込みハンバーグドミグラスソース仕立て、グリーンビーンズキャセロール、ブロッコリーニのガーリック炒め、デビルドエッグ、ポテトロール。完全に食べ過ぎました。。。。 デザートは定番のパンプキンパイとパンプキンブンドケーキ。フロスティングは、甘さ控えめのクリームチーズベース。デコレーション後は、なんだか、シンデレラのカボチャの馬車風になってしまいましたがそれも愛嬌。 茶器は、ゲストの中に日本通の方がいらっしゃったので、もちろんノリタケをチョイス。義理の母と5人の叔母は、ノリタケの大ファン!いつか “Girls Getaway” の一環として、名古屋にある「ノリタケの森」美術館に、私と私の母を含めて計8人で行こうという話になっています。 ノリタケの茶器はとても軽いので、紅茶を入れても持ちやすいところが女性に優しい作りですよね。また、ティーカップの口に当たる部分の繊細で非常に薄いところは、やはり丁寧な仕事のプロ、日本人のなせる技だと思わずにはいられません。...

ビギナーコース セッション 2

ビギナーコース•セッション2は、ゴールデンルールに則った紅茶の淹れ方に関する講義と実習でした。まずパワーポイントを使って、紅茶を楽しむ為の必須ティーアイテム•お役立ちティーアイテムの説明。その後、紅茶と水の関係を、フェアファックスカウンティーと各生徒の皆様の出身地域の水質硬度に関する資料を使いながら、一緒に勉強しました。このように地域の水質を知っておく事で、米国滞在中も日本へご帰国されてからも、いつでもベストな紅茶を楽しむ事できます。 そしてテイスティング。この日はワールド•ティー•エキスポで入手した、午後のお茶の時間に最適なブレンドティーを、フレーバードティーも含めて6種類用意。もちろん、皆様にはその後ご自宅でご主人やお子様達と一緒にもう一度お茶を楽しんで頂けるよう、すべてのテイスティング茶のサンプルをお持ち帰り頂きました。今回はプロのテイスティングカップを使い、ズズズッと音をたてながらプロのように試飲にトライ!ブレンドティーの中には、欧米で人気のある緑茶をベースにした物もご用意させて頂きました。皆様、お好きなブレンドティーが見つかりましたか?? その後、ティーバッグの美味しい淹れ方の実習に続いて、今回のメイン「美味しいストレートティーの淹れ方」の実習。ExquisiTea Co. では、最後の一滴まで淹れたての美味しい紅茶を楽しめる方式を推奨しています。私は、忙しい平日の朝も週末の午後のお茶も、必ずこの方式で紅茶を淹れます。舌が肥えるとは良く言ったもので、この方法の紅茶を楽しみだすとホテルのアフタヌーンティーで出される紅茶を残念に思ってしまう事もしばしばです。。。ティーポット内で茶葉のジャンピングが始まると、私を含め生徒の皆様もポットに顔を近づけて凝視!私の一番大好きな、落ち着ける時間です。 お楽しみのティータイムは軽食とパンプキンパイで。それに合わせた紅茶は、もちろん季節にちなんでパンプキンスパイスブレンド!この紅茶も、ワールド•ティー•エキスポで入手してきたものです。この日は少し寒かったので、パンプキンスープをクロワッサンのローストビーフサンドイッチに添えました。 テーブルセッティングはもちろんハロウィーン。茶器は、お化け→古い→アンティークの連想からAnchor Hocking社のミルクガラスのスナックセットを選択。このスナックセット、テニスコートで休憩時に気軽にティーとスイーツを楽しめるように作り出された事から、”Tennis Set”とも呼ばれています。義理の母から譲り受けたのですが、波のような縁にゴールドの縁取りがしてある為、スナックセットでもエレガントな雰囲気が感じられるのでとても気に入っています。カトラリーもアンティークのシルバー。これはロンドンのポートベローマーケットで入手しました。 セッション3はミルクティーについてですね。ご自宅でも簡単に楽しめるよう、様々なバリエーションのミルクティーの実習の他に、奥の深いミルクの極意についても追求したいと思っています。 さて、ExquisiTea Co. からの配布資料やパワーポイントのハンドアウトは、意図的に日本語と英語を混ぜています。これは生徒の皆様に、英語でも「お茶」について理解をして頂きたいからです。なぜなら、ExquisiTea Co.は紅茶&マナー教室だから。欧米で、ご近所のホームパーティーに呼ばれた時やご主人の勤め先のビジネスパーティーに参加した際に、じっとテーブルに座って、または会場の端っこで静かに食事をする事がベストなマナーではない事は皆さんご存知だと思います。私も決して社交上手な人間ではありませんが、自分の好きな事に関しては誰でも割としゃべられるんじゃないかなと思います。好きな習い事や趣味、興味を持っている事に関する英単語を少しでも知っていれば、そこから英語で会話をもたせる事ができると思うのです。どんな場面でも非常に礼儀正しい日本人女性の皆様にさらに輝いて頂く為、当レッスンで学んで頂きたい「マナー」とは、もちろんナプキンの上手な使い方や茶器の美しい持ち方なども含まれますが、その中でも欧米生活の中で非常に大事な位置づけの社交マナー。「紅茶」というあなたが好きな事の魅力に引き込まれ、それを追求し自分のものにしていく過程で自信がついてくる。実はその自信が、社交マナーの第一歩なのです。「紅茶」も「マナー」も日本でだって学べます。せっかく英語圏で学んでいるのだから、プラスアルファの「お茶」に関する英単語もどんどんと吸収して下さいね!質問大歓迎です! 大半のアメリカ人にとっては「お茶」はまだまだ未知の世界。その「お茶」に関して興味を持っている人、意外と多いんです。ホールフーズやウィリアムソノマのティーコーナーで隣に立っているアメリカ人、もしかしたら「お茶」に関してあなたと世間話をしたいと思っているかもしれませんよ!...