ワールド ティー エキスポ イースト 2012

10月の始めにフィラデルフィアで開催されたワールド・ティー・エキスポ・イースト2012へ、お茶のビジネスに関わる一員として今回も参加をして参りました。 このティーエキスポ、米国内の現在のお茶のトレンドが学べたり、各社の新製品の発表などもありますし、各セミナーにも参加できるようになっている為、業界人同士のネットワークを広げる場でもあります。以前にも増してはつらつと明るいジェーン・ぺティグリュー女史もセミナーのスピーカーとして来米されており、一緒に写真を撮ってもらったりしながら、セミナーに参加したり以前のエキスポで出会った同業人との再会に喜んだりと、非常に忙しい3日間となりました。 私達 ExquisiTea Co. は、このお茶業界ではまだまだ産まれたてのベイビーです。英語では”Newbie”と言いますね。会場では、「ニュービーかぁ、これからビジネスを大きくする一番楽しい時期だよー。」なんて、会う人会う人に言われました。スターバックスで取り扱われているお茶、TAZO社のチャールズ•ケイン氏や、私の憧れの女性、teas etc社のベス•ジョンソン女史などとも個人的にお話をする機会に恵まれ、今後のExquisiTea Co.ビジネス展開に関する助言なども頂く事ができました。 また、日本人に大人気のHarney & Sons社のジョン・ハーニー氏には、「今年中に絶対工場見学に来なさい!!雪が降る前にね!」と言って頂き、なぜだか分かりませんが手の甲にキスをされながら一緒に写真を撮りました。もちろん、その写真を撮ったのは私の主人です(笑)。ジョン•ハーニー氏、毎朝必ず緑茶を頂くそうですよ! 今回非常に幸運だったことは、日本からの参加者とお会いする機会があった事です。狭山茶専門店、創業明治初年•備前屋さんの清水敬一郎社長です。ジェーン・ぺティグリュー女史のセミナー内で備前屋さんの珍しい釜炒り茶の紹介があった為、米国滞在2日間という強行スケジュールで来米。米国内色々な州で行われる「お茶」に関するセミナーやイベントに今までも幾度となく参加をしてきましたが、私だけが純日本人ということもほとんどだったので、まさか今回のエキスポで日本人の方とお話をする機会に恵まれるなんて思ってもみず、ジェーンの口から彼の名前が出た時は驚きましたが、すぐに日本語でご挨拶に伺わせて頂きました。 自社製品の説明を、非常に分りやすい言葉で温和にお話をして下さった清水社長、アグレッシブな米国社会で日常を過ごしている私にとって、本当にホッとさせられたひと時でした。私達は、水曜日には里帰りの為日本へ発つ日程となっていた事から、残念ながら備前屋さんの珍しい釜炒り茶のテイスティングのセミナーは受ける事ができない旨を申し上げると、わざわざホテルのお部屋までサンプルを取りに戻ってくださり、その優しいお心遣いに主人共々感謝の気持ちで一杯の中、後ろ髪をひかれつつフィラデルフィアを後にしました。この珍しい釜炒り茶、ジェーン•ペディグリュー女史のセミナーでは”Lightly Withered Green Tea, Sayama Pouchong, Fukumidori”として紹介されたようです。 私と主人は、日本の緑茶もAynsley社製お気に入りのテテ•ア•テテセットで頂きます。その昔、発酵茶の紅茶ができる以前はお茶といえば緑茶が主流で、その時代の人達もこんな風に緑茶を飲んだのかしらなどという思いを巡らしながら、日本の緑茶をイギリス製のティーセットで頂くのもまた「おつ」でオススメです。備前屋さんのふくみどり、非常にデリケートな味で後味はスッキリとしており、一口飲んだ後、思いがけずにホッと小さなため息がでてしまうような香り高いお茶でした。袋を開けた瞬間にフワッと香る緑茶のドライ茶葉と、緑茶を淹れた後の濡れた茶葉も観察しつつ、お家カフェで素敵な午後のティータイムを過ごすことができました。狭山茶専門店、備前屋の清水敬一郎社長、本当に有り難うございました。また近い将来、今度はワシントンDCでお会いできる事を楽しみにしております。 日本の里帰りから米国へ戻った10月下旬、清水社長からお手紙が届き、その中には非常に貴重な手揉み茶のサンプルも。これは11月のレッスンで生徒の皆様にもご賞味して頂く予定にしておりますのでお楽しみに! 米国内のお茶消費量は他国と比べると非常に低く、やはりボストンティーパーティーの影響力が強く残っているからか、まだまだコーヒーの方がお茶よりも人気です。しかしアメリカ独立革命以前は、日常的にお茶を飲む習慣があり、米国第3代大統領トーマス•ジェファソンの出納帳にも沢山のお茶を買っていた記録が残っています。ここアメリカで、お茶のビジネスに関わっていらっしゃる皆さん、卸売店の方、小売店の方、またカフェやティーハウスを運営するオーナーだったりと様々ですが、一つだけ共通しているのは「お茶」に関して皆さんかなりのこだわりを持っているという事!もちろん、私もその1人な訳で、こういったイベントで同業者と会う事はお互いの刺激にもなり、また意見交換の場でもあり、益々沢山の人に『お茶』の良さを知ってもらいたいと思った充実した3日間でした。...

ピーターラビットティーパーティー

9月のピーターラビットティーパーティーは、M様のご要望により、初めての出張レッスンとなりました。自宅とは勝手の違う出張レッスン、少し不安でしたが、事前にM様と色々と打ち合わせをさせて頂いたおかげでスムーズにレッスンを行う事ができました。 アイボリーと緑を基調とした素敵なリビングルーム/ダイニングルームに通され、リトルジェントルマンのE君とご対面。その隣には、将来のリトルレディー&リトルジェントルマンのAちゃんとU君も。 到着早々ダイニングテーブルをピーターラビット一色にしたところ、E君よりもおしゃまなAちゃんの方が大喜び!とっても参加したがっていた妹のAちゃんと弟のU君をM様がなだめている間、私はE君と一緒にマナーに関する○×クイズを解きました。 私のお手製○×クイズ、ピーターと妹のコットンテールがアフタヌーンティーパーティーの誘いを受け、無事パーティーを終えて家に着くまでの間を、テーブルマナーはもちろんの事、欧米のお友達宅で気をつける点などを、物語形式で簡単に学べるようになっております。アメリカ人宅で3人の子供の世話をフルタイムでしたオペア経験を活かしながら、日本では当たり前に行われている行為が欧米ではNO!NO!という事もあるので、その辺りを中心にお子様に楽しく学んでいただけるようにテキストを工夫しました。 25問中2問しか間違わなかったE君、大変利発な男の子で私は関心するばかり! その後、正しいナプキンの使い方、カップの持ち方、欧米式のフォーク•ナイフ•スプーンの使い方、食事中の途中退席の仕方(英語の言い回し)、欧米のお友達のご両親への挨拶の仕方等を一緒にロールプレイ式に練習をして、ティータイムに入りました。E君には「良く頑張りましたで賞」ということで、ご褒美のピーターラビットのピンバッジをつけてあげると、彼は誇らしげに大きな笑顔を見せてくれました。ティータイムは、M様、Aちゃん、U君も一緒に。 私がマシュマロ入りのココアと紅茶を淹れている間、M様と3人のお子様はピーターラビットのアクティビティーブックを楽しまれました。このアクティビティーブック、私が5月にイギリスを訪れた際、湖水地方にあるワールド・オブ・ビアトリクス・ポター博物館で手に入れてきたものです。ワールド・オブ・ビアトリクス・ポター博物館では、ピーターラビットの物語の各場面が事細かく再現されており、まるで絵本の中にいるような気分が楽しめます。また作者のビアトリクス・ポターの生涯を紹介する部屋では、封建的なヴィクトリア朝時代に上流階級の娘として生まれ育ち女性は結婚して家庭に入るのが一般的だった頃、彼女がいかに斬新で画期的な人物(キャリアウーマン)であったかを、しみじみと感じる事ができたのを覚えています。 今回お子様用の茶器は、ドイツ製Reutter Porcelainのピーターラビットシリーズ、私とM様はイギリス製AynsleyのTea-for-One セット。お菓子はM様特製の洋風ドラ焼きに、私が持参したピーターラビットの小さなチョコレート。 最初M様は、「割ってしまう恐れがあるので、子供には我が家の子供用の食器で。」とご遠慮なされたのですが、私は子供に小さい頃から本物に触れさせる事は非常に大事だと考えています。そこから、乱暴に扱うと物は壊れてしまう、他人から借りた物は自分の物以上に丁重に扱う必要がある、といった事が学べると思いますし、なんといっても素敵な食器でのティータイムは格別です!もちろん各家庭の方針があるでしょうから無理強いするつもりはありませんでしたが、M様のご理解を得る事ができたので、私の持参した茶器を使用しました。 M様は、「こんなにゆっくりと、お茶したのは何年ぶりでしょう。」とおっしゃり、非常にリラックスしたお顔で紅茶を楽しまれていました。そんなママの優しい笑顔を見たからでしょうか、E君、Aちゃん、U君、皆とてもお行儀良く、私もいつかこんな家庭を築ける事ができたらいいなと母性本能をくすぐられた一日でした。 M様、E君、Aちゃん、U君、ほんわり温かい素敵な時間を共有して下さり、どうも有り難うございました。...