ビギナーコース セッション1

先日、ビギナーコース・セッション1のレッスンを行いました。生徒の皆さんの中に日本へ里帰りされる方がいらっしゃったので、空いたお席にフルタイムの仕事関係の奥様方をお誘いして、紅茶・マナーレッスン+カジュアルアフタヌーンティーに急遽変更となりましたが、皆さんと一緒に和気あいあいとした楽しい時間を過ごしました。その日お休みをされた方は、事前に振り替え授業を受けられました。

テーブルコーディネートは、水色とアイボリーを基調にして「名残惜しい夏」を演出。茶器はビギナーコース・セッション1に相応しく、アメリカ製のLenox。光輝く真っ白な茶器も綺麗ですが、Lenoxの柔らかな象牙色の磁器は、柄や絵付けが控えめながら手に持つとしっくりとくる重さで、主人の亡き祖母ミミーから譲り受けた大事な私のコレクションの1つです。

Lenoxは1918年ウィルソン大統領の時代から今日まで、ホワイトハウスの公式晩餐会の食器として、世界中の貴賓客をもてなしている事は有名ですね。1981年、当時のファーストレディーであった元女優のナンシー・レーガンが、それ以前の大統領夫妻達がオーダーされた数の、約2倍にあたる4370もの食器をLenoxへオーダーし話題となりました。彼女の大好きだった色、「スカーレット」と呼ばれる赤を基調としたチャイナセット、彼女の華やかな雰囲気とぴったりマッチしています。
ちなみに現大統領・ファーストレディーのオバマ夫妻は、元大統領夫妻達が過去ご使用になられていた中から、ゴールドを基調とした2種類のチャイナセットをお選びになり、公式晩餐会で貴賓客をもてなしました。新規注文はお控えになり、代々ホワイトハウスに引き継がれてきたLenoxのチャイナセットをご使用された、ファーストレディー・ミシェル夫人の飾らない人柄が表れたエピソードとして知られています。

カトラリーは、Arthur Price。ヴィクトリアンサンドイッチケーキとミミーがホームパーティーでよく作っていたというピーチコブラーを用意したので、食べやすいようにセッティングはティーナイフとペイストリーフォークの両方を。

カサブランカ、本当はアフタヌーンティーの席には向いていないお花です。ご存知の通り、香りがきついからです。ただ今回はアレンジしたのが前日で、ほとんどのカサブランカが蕾みだった為、あえてフラワーアレンジメントに使用しました。ユリの女王と言われるカサブランカ、凛としたその姿がセンターボールにアレンジした瞬間、テーブルの雰囲気がキュッと引き締まります。

当日、ブルーラインのメトロが少し遅れた事から、ご主人の送り迎えでいらっしゃった方との到着時間に差が出た為、到着された方から順にストロベリーレモネードのクラブソーダ割りをフォーマルリビングルームでお出しし、色々とお話をしながら全員の到着を待ちました。

その後ラウンドテーブルに移り、英語の配布資料と日本語のパワーポイントのプレゼンを使って紅茶の基礎知識や歴史(ヴィクトリア時代の女性の服装に関する秘話など)の講義後、世界三大銘茶のテイスティングを行いました。用意した紅茶は、ダージリンのファーストフラッシュとセカンドフラッシュ、ウヴァ、キーマンです。すべてオーガニック、ダージリンについてはFTGFOP1の紅茶を用意しました。

今回は、プロが使用しているテイスティングカップを使わずに、Aynsleyのミニチュアティーカップ&ソーサー、ティーポットを使用しました。プロのようにスプーンを使ってズズッとするのも楽しいですが、今回はビギナーコース第一回目という事もあり、皆さんズズッとするのは恥ずかしいかなというのもあって、小さいながらも非常に優秀なミニチュアティーカップ&ソーサーで飲む姿も美しく!?試飲して頂きました。

テイスティング後は、フォーマルダイニングルームに移り、お楽しみのアフタヌーンティーの時間。ランチも兼ねていたのでティーサンドイッチの他にも、クラブケーキやシュリンプディップなども添えました。笑いが絶えず始終和やかに進み、お一人の奥様の携帯が鳴るまで時間が発つのも忘れて、皆さんとおしゃべりに花を咲かせてしまいました!

お帰りの際には、皆さんにピーチコブラーのレシピと、ご自宅へ帰られてからご主人と一緒にテイスティングを楽しんで頂ける様、上記4種類の紅茶をお持ち帰り頂きました。

参加者の皆様、週末の貴重な家族団らんの時間を調節し当レッスンにお越し頂きました事、改めてお礼を申し上げます。

セッション2では、お一人お一人Aynsleyのティーポットを使ってゴールデンルールに則った紅茶の淹れ方を実習して頂きます。ティータイムのお菓子は、10月ならではのパンプキンパイをご用意いたしますね。

www.lenox.com/